< 2022年度 ミニ観察会レポート >

自然観察大学では、新型コロナウイルス禍でも実施可能な
ミニ観察会を実施しています。
“少人数でじっくり観察しよう” として
参加者20人まで、担当講師1~2名、感染防止を心がけて実施しています。

ミニ観察会 -少人数でじっくり観察しよう-

現在、次の観察会を計画中です。決まり次第募集させていただきます。

① 樹木の“形とくらし”観察

2022年4月10日 都立水元公園周辺 担当講師:小幡和男、飯島和子
鮮やかな新緑… 芽吹き、開花と、木々がダイナミックな動きを見せる季節の観察会でした。目立たない花にも受粉のための巧妙なつくりがあり、小さな冬芽には成長の秘密が隠されています。好評の書籍『樹木博士入門』の著者が樹木観察の魅力を紹介します。

詳しいレポートはこちらからご覧ください(PDF) ⇒

② 自然観察から見る手賀沼の生態系

2022年4月24日 我孫子市手賀沼周辺 担当講師:浅間茂
手賀沼の生態系を考えるという自然観察大学としては新しい切り口。手賀沼の環境、水質がどのように変わり、それに伴って生態系がどう変化してきたか? 40年にわたって手賀沼を観察してこられた浅間先生ならではの視点です。

詳しいレポートはこちらからご覧ください(PDF) ⇒

③ 生き物同士の関わりを観察しよう

2022年5月15日 八王子市多摩森林科学園 担当講師:中安均、鈴木信夫

 (5/15実施予定です)


ほかの記事 このほかの観察会レポートは次でご覧いただけます
ロゼット
ミニ観察会:春のロゼット、雑草観察

木の実
ミニ観察会:紅葉の中で木の実の観察

生田緑地
ミニ観察会:生田緑地の自然観察

2019クモ
テーマ別観察会:クモの生態観察

2019雑草
テーマ別観察会:雑草や草花を観察しよう

2019年
定例野外観察会:谷津ミュージアム(第1回)

2018年
2018年の観察会のレポート

バックナンバー
それ以前のレポート