全員でハンミョウ釣り 2010年、野川公園の観察会にて

自然観察大学とは

自然観察大学は“楽しみながら自然観察の視点を身につけよう”という目的のNPO法人です。法で定められた大学ではありません。
野外観察図鑑「校庭シリーズ」などの著者らが講師を勤める観察会で、参加したみなさんと一緒に楽しみながら、幅広く自然観察を勉強しようという活動です。

自然観察大学のいちばんの特徴は、植物、野鳥、昆虫、クモ、アブラムシなどいろいろな角度から観察できることです。約10名の講師が同行し、各専門分野のさまざまな観察ポイントや話題を提供します。
個性的で多彩な内容なので、講師自身がほかの講師の話を聞くことを楽しみにしているほどです。

参加者の皆さんには、自然観察の視点や知識を身につけていただくことはもちろん、楽しい話をその場だけのものにせず、折を見て周囲の方に広めていただければ… と願っています。家族や友人の間での話題、さらには地域・学校での活動に生かしていただけたら、こんなうれしいことはありません。
2002年度から任意団体として活動を開始し、2010年にNPO法人となりました。

観察会、講習会では、自然・生物に興味のあるみなさまの参加をお待ちしております。